不動産投資の失敗集

不動産投資(ふどうさんとうし)とは、利益を得る目的で不動産事業に資金を投下すること。 具体的には投資した不動産を人に貸して、定期的に賃料という利益を受け取るインカムゲインと、 その不動産を購入した金額以上でのキャピタルゲインを期待します。    


入居募集の大変さ

駅から徒歩5分の好立地の築浅物件を購入してみました。実際に業者さんに物件も案内してもらい、築浅だけあって、物件の外観はとても綺麗で営業マンの話でも、今は入居中だから、家賃の空室保証は手数料が高いだけで勿体ないので家賃の集金業務などだけの一般管理を勧めてきました。
その時の私は物件を目の前にして気分も舞い上がっていたので営業マンから言われるがままに空室保証ではなく、一般管理で購入することにしました。
購入してすぐは、順調に家賃も入っていたのですが私が購入時に入居していた人が一旦退去してしまってからは次の入居者もなかなか決まらず、家賃が入ってこない時期が続きました。
やっと次の入居者が決まったかと安心したら、すぐに退去してしまい、一人暮らしの入居者は長くは住まずに、すぐに退去してしまうのです。そしてまた空室期間が・・・この繰り返しはとても精神的に辛いです。
さらに退去時には予想もしていなかった高額なリフォーム代がかかります。こんな事なら始めから空室保証にすればと思い、購入した業者に相談しようと思ったらその業者はすでになくなっていました。・購入する業者選び・空室保証はリスクを回避する上でとても重要です。